建築

職種紹介

県民の豊かな住生活を実現するために、住宅施策の企画・立案を行います。また、建築物の安全、安心を確保するための審査指導、県の施設の設計監理を行います。

主な配属先
本庁
建築住宅課、公共建築課、都市計画課、文化課、交通まちづくり課 など
出先機関

土木事務所 など

職員インタビュー

職員インタビュー

快適な
公共施設づくり

応援中!

  • 西前 知章
  • 公共建築課
  • [令和3年度採用]

現在の仕事内容

県が所有する公共施設の長寿命化改修など営繕工事の設計・工事監理を行っています。現在は学校のリノベーション工事や用水機場の新築工事などを担当しています。

県職員を志望した理由

大学進学時に福井県に移住し、自然の豊かさ、住みやすさに魅力を感じました。建築の面から、県民のより豊かで安心したくらしを作る仕事をしたいと思い、県職員を志望しました。

やりがいや魅力

県職員の建築職は、営繕工事やまちづくりなど、多岐にわたる業務に携わることができるところが魅力です。それだけに建築に関する幅広い知識が必要で、日々勉強しながら業務を行っています。

やりがいや魅力

印象に残っている仕事

働き方改革のため、公共建築課でフリーアドレスを導入しました。通常業務のかたわら、書類の整理、不要な机や棚の処分、新しい備品の配置、運用の仕方の話し合いなどに課全体で協力して取り組み、フリーアドレス環境を整えました。他の班との間を区切っていた棚をなくし、互いに顔が見えるよう机の配置を変えるなどしたことで、以前よりも上司への相談や他の班との連携がしやすく、働きやすい環境になったと思います。

休日の過ごし方

休日には、よく料理をしています。料理をすることで、完成したときの達成感や食べた時の満足感があり、リフレッシュできています。

福井県のお気に入りスポット

赤礁崎(あかぐりざき)オートキャンプ場がお気に入りです。業務でキャンプ場内宿泊施設の改修設計を担当することになり、ここのキャンプ場を知りました。海と山に囲まれ、景色の良い場所なので、現場を見に行くたびに自然に癒されています。

赤礁崎オートキャンプ場(おおい町)赤礁崎オートキャンプ場(おおい町)

ある一日の流れ

  • 8:30 登庁
  • 8:45課内で一日の業務の打合せ
  • 9:00設計図面の確認
  • 12:00昼休み
  • 13:00工事書類確認
  • 15:00現場確認
  • 17:15退庁