越前古窯博物館 平成29年10月28日 OPEN

 釉薬を使わない焼き締めや、灰釉を中心とした素朴な肌触りでぬくもりのある越前焼。 日本六古窯の一つとして、日本遺産にも認定されているこの焼物が現代に伝えられているのは、 一人の研究者の存在があったからです。
  その研究者とは、越前古窯研究の第一人者である水野九右衛門先生。水野先生が研究の過程で収集した資料を公開し、越前焼の研究拠点として今年10月28日、越前陶芸村に越前古窯博物館がオープンします。
 研究に加え、茶道や華道等に利用でき、地域の人の憩いの場として、本格的な茶室等を備えた古民家としての魅力も持っている施設です。

越前古窯博物館イメージ


 

 

HOME

↑ ページの先頭へ戻る