施設案内

 資料館

  越前焼研究の第一人者であり、越前焼の名付け親の一人である水野九右衛門先生が収集した、平安時代から現代に至るまでの貴重な資料(国の登録有形文化財「水野コレクション」)を展示します。

資料館イメージ

 

 水野九右衛門家住宅

  水野九右衛門先生の住宅(天保6年 1835年建築)を移築。多目的のコミュニティスペースとして活用できます。

       利用例:集会場、大学ゼミ活動、伝統芸能(日本舞踊、雅楽等)の稽古場、
           伝統工芸品や食のマルシェ会場 等

水野九右衛門家住宅イメージ

 茶室

  『茶の本』を執筆し、日本の文化を海外に発信した本県ゆかりの偉人、岡倉天心を顕彰する茶室であり、数寄屋建築の大家、中村昌生氏の設計によるものです。

茶室イメージ

約40名が立礼形式の茶会を実施できる 天心堂

茶室イメージ

四畳半の本格的な茶室 天心庵

       利用例:茶会会場、学校茶道部の稽古場、小中学生の茶道教室、華道等のカルチャー教室 等

 開館時間・休館日

     開館時間        午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

     休館日          月曜日(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)、年末年始(毎年12月28日から1月4日)


 利用料金

         (1)資料館
区分 利用料金 備考
常設展 個人 200円 団体は30人以上から
高校生までの学生、70歳以上は無料
団体 160円×人数
企画展 個人 その都度決定
団体 上記の8割×人数

         (2)水野九右衛門家住宅

区分 利用料金 算定基礎
茶の間 無料
和室(全4部屋) 400円/部屋 1時間あたりの料金

         (3)茶室

区分 利用料金 算定基礎
天心庵 900円 1時間あたりの料金
天心堂 2,500円




HOME 施設案内 越前焼と水野先生 岡倉天心と茶文化 イベント アクセス

↑ ページの先頭へ戻る