FUKUIで暮らすために


  福井県内の主な観光名所を紹介しています


大本山永平寺 曹洞宗の大本山。日本屈指の修行道場として知られ、現在も200名程の雲水が修行に励んでいる。
朝倉氏遺跡
戦国時代の武将、朝倉氏の一大集落跡。復原町並・資料館他多数の見所がある。




紫式部公園
「源氏物語」の作者・紫式部を偲んで造られた全国でも珍しい寝殿造りの公園。平安時代の貴族の住居や趣のある庭園を再現している。






東尋坊
海面から垂直にそそり立つ断崖絶壁。目を見張る高さから海面を覗き込むことができる。









花はす公園 6月下旬から8月下旬の開花時期には約20万株の花蓮が池を彩る。
三方五湖
レインボーラインは標高400メートルを走り抜ける絶景ドライブコース。リフトで行く展望台からはリアス式海岸・遠くは白山連峰を望むことができる。





越前海岸水仙畑
冬の越前海岸の急斜面に水仙畑が広がる。越前灯台のそばに水仙ランドがあり、一年中水仙を楽しめる。



水島
美しい敦賀湾にぽっかりと浮かぶ白い砂浜が広がる無人島。渡し船で島へ渡ればそこはマリンスポーツのメッカ。





かずら橋 全長44m、幅1.8mのシラクチカズラ製の釣り橋。12m下には美しい渓流が流れている。
通行料300円。

九頭竜湖
山あいに広がる四季折々の雄大な景色が湖面に映る。ドライブコースとして人気がある。





熊川宿
古来より海産物をはじめ、物資を運ぶ主要道だった通称「鯖街道」。その宿場町として栄えた熊川宿。今も白壁に格子窓の町並みが続く。



丸岡城 日本最古の天守閣を誇り、霞ヶ城とも呼ばれる。春の桜の時期には吉野桜が咲き乱れる。




寺町 戦国時代の城下町の風情を今に伝える大野。約700メートルの通りには各宗派のお寺が立ち並び、ゆっくりとした時の流れを感じながら散策することができる。


(c)福井県国際政策課