FUKUIで暮らすために
いざという時、パニックにならないために!知っておいて欲しい情報をケースごとにまとめました。
 電話119=火事・救急
   救急車の絵    火事の絵 
救急車が必要になったり火災が発生したとき、局番なしの「119」へ電話してください。ほとんどの携帯電話、PHSからもかけることができます。公衆電話を利用するときは電話器の赤いボタンを押してください。すぐに最寄りの消防署につながります。
 電話110=警察
   交通事故の絵   どろぼうの絵   パトカーの絵
交通事故、暴行、恐喝、けんか、盗難、犯罪に巻き込まれた時は、すみやかに局番なしの「110」へ電話してください。この専用電話は警察本部内の通信指令室につながり、司令部から現場近くの交番、パトロール車に連絡されます。自分の名前、住所、国籍を日本語で伝えるようにしてください。
 電話のかけ方  ※通話料は、無料です。
(1) 携帯電話やPHSから電話をしたら、しばらく電源を切らないでください。消防署、警察署から確認の問い合わせがあります。
(2) なるべく日本語が話せる人に頼んでください。
(3) A.救急車を呼ぶとき → 119
救急です[Kyu kyu desu]。名前は__です[Namae wa__ desu]
ケガ・病気です[Kega・Byoki desu]
住所・目あてになる建物・電話番号
すでにかかっている医療機関、服用している薬があれば伝える。
B.消防車を呼ぶとき・火災 → 119
火事です[Kaji desu]。名前は__です。[Namae wa__desu]
住所、目あてになる建物、目標物、電話番号
(4) A.交通事故の時
相手の名前、住所、電話番号を確認の上110へ通報します。
詳しくは、交通事故のページをみてください。
B.犯罪被害時の時
盗難、傷害の事件の被害にあった時は、現場をさわらずに110へ通報します。
C.行方不明者の捜索をしたい時
行方不明者が事故に遭遇しているおそれがある人の保護者は管轄警察署に捜索願いを出すことができます。
(5) 休日の救急診療
休日・夜間の救急患者の診療は、病院や一般診療所が当番で診療を行っています。休日当番医の問い合わせは近くの市町村役場または地区消防本部へして下さい。
「福井県広域災害・救急医療情報システム」で、休日当番医検索や県内の病院や診療所の所在地、電話番号、診療時間や診療科名などの情報を見ることができます。
「福井県広域災害・緊急医療情報システム」のホームページは次のとおりです。
リンク先にジャンプ

「ふくい保健・医療・福祉情報提供システム」で、保健・福祉に関する情報を見ることができます。ホームページは次のとおりです。
リンク先にジャンプ
(6) 自然災害・地震、台風、豪雪のとき
重要通信が優先になります。防災機関などが行う救助・復旧を確認するため個人の電話利用が制限されることがあります。
緊急の場合は、一般電話から通話できない時もグレー、緑色の公衆電話からはかかりやすくなっています。
「災害用伝言ダイヤル」は被災地域の方の安否情報等を自宅の電話を使って、伝言できるシステムで、利用にあたっては事前の契約は不要です。

(c)福井県国際政策課