両立支援

両立支援

両立支援

Q&A

Q&A

平成15年度採用
西本 佳代

Q 現在の主な担当業務は何ですか?
A
私立高等学校に通う生徒の授業料等の負担を軽減するための支援制度の運用や、私立小中学校・私立専修学校・各種学校の認可および指導監督、私立学校に関する各種調査統計業務を担当しています。

Q 育児と仕事を両立するなかで苦労したことは何ですか?
A
子どもが体調不良で休むことになったときや、子どもの体調がなかなか回復しないので続けて保育園を休む必要があるときなど、急に自分の予定が変わってしまうことに一番戸惑いました。急に仕事を休まなければならない可能性に備えて、なるべく早い時期に仕事に取りかかり、締切間近に慌てることがないように努めています。また、家族の協力なしには両立はできないので、日頃から家族への感謝を忘れないように心掛けています。

Q 利用した支援制度、職場での配慮等はありますか?
A
子どもが1歳になるまで育児休業を取得しました。また、仕事に復帰してから子どもが小学校に上がるまでは朝1時間の部分休業を取得しました。朝は慌ただしいので、保育園へ送る時間を確保でき、助かりました。また、職場内で業務内容や業務量に配慮をしていただき大変感謝しています。
配属先 勤務歴
HH15.4 情報政策課 /H17.4 福井県立大学 /H20.4 地域産業・技術振興課 /H22.3~H23.4 産休・育休(H22.4第1子出産) /H23.5 循環社会推進課 /H26.4 大学・私学振興課

子育て支援に関する主な制度

産前産後休暇 出産予定日前8週間(多胎妊娠の場合14週間)から出産後8週間まで
育児休業 子が3歳に達する日までの期間において、育児休業が取得可能
育児短時間勤務 子が小学校就学前までの期間において、短い勤務時間での勤務が可能
育児部分休業 子が小学校就学前までの期間において、1日2時間以内まで休業が可能
男性の育児参加休暇 配偶者の産前産後期間に、出産に係る子等の養育のための休暇 5日以内
子の看護休暇 中学校就学前の子が病気になった時に看護をするための休暇 5日以内
(中学校就学前の子が2人以上の場合は10日以内)
勤務歴
H13.4 二州税務部/H16.4税務課/H20.4地域産業・技術振興課/H22.1~H23.3産休・育休(H22.3第一子出産)/H24.5~H26.3産休・育休(H24.7第二子出産)/H26.4学校教育政策課

子育て支援に関する主な制度

産前産後休暇 出産予定日前8週間(多胎妊娠の場合14週間)から出産後8週間まで
育児休業 子が3歳に達する日までの期間において、育児休業が取得可能
育児短時間勤務 子が小学校就学前までの期間において、短い勤務時間での勤務が可能
育児部分休業 子が小学校就学前までの期間において、1日2時間以内まで休業が可能
男性の育児参加休暇 配偶者の産前産後期間に、出産に係る子等の養育のための休暇 5日以内
子の看護休暇 中学校就学前の子が病気になった時に看護をするための休暇 5日以内
(中学校就学前の子が2人以上の場合は10日以内)