機械・金属

機械・金属

企業の技術開発を支援するため、原材料や製品の機能・性能の分析・評価、新素材・新加工技術等の研究開発などに従事するほか、県の機械設備や施設の計画・設計・監理を行います。

機械・金属

Q&A

Q&A

工業技術センター
平成28年度採用
岡橋 智也

Q 現在の主な担当業務は何ですか?
A
環境・エネルギーに関する研究を行っています。その中でも、インバータ機器などが発生する低周波領域の電磁波に対するシールド材の評価技術の開発を担当しています。また、県内企業との共同研究や技術相談、工業技術センター内の機器を利用しに来られる企業の対応なども行っています。

Q 現在の仕事のやりがいや魅力は?
A
自己研鑽と社会貢献の両立ができることが魅力だと思います。研究を通し自身の知識を深め、新たな技術を習得できるだけでなく、自分のアイディアや研究成果を企業に波及させることができるからです。また県内企業との共同研究は、先端的な技術開発に一体となって取り組むことができ、非常にやりがいを感じています。

Q 今後の目標やチャレンジしたいことは何ですか?
A
自身の核となる専門分野を持ち、技術者として県内産業に貢献していきたいと考えています。
配属先 配属先
[本  庁]

[出先機関]
 
建築住宅課、工事検査課、
財産活用推進課など
工業技術センター、土木事務所など
ある1日の風景
主な配属先
[本  庁] 建築住宅課、工事検査課、財産活用推進課など
[出先機関] 工業技術センター、土木事務所など

ある1日の風景