採用情報

採用情報

勤務条件

待遇

給与

平成30年4月に採用される人の初任給の標準例は下表のとおりです。(予定)

試験名 初任給(月額)※地域手当を含む
Ⅰ種 188,400円(大学卒の場合)
Ⅱ種 164,900円(短大卒の場合)
153,600円(高校卒の場合)
警察官 208,000円(大学卒の場合)
189,600円(短大卒の場合)
175,100円(高校卒の場合)
  • 初任給は、経歴、採用職種によりこの金額を超える場合があります。
  • このほか、職員の家族状況、勤務状況等により次の各種手当が支給されます。
    (扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当、期末・勤勉手当(4.40月分)等)
勤務時間等
  • 月曜日〜金曜日/8時30分〜17時15分
    1週間当たり38時間45分、所属によっては変則勤務もあります。
  • 完全週休2日制
    土・日曜日、祝日および年末年始は原則として休みです。
休暇等
  • 年次有給休暇(20日間)や、夏季休暇(5日以内)、結婚休暇(7日以内)、育児休業(子が3歳に達する日まで)等があります。
配属
  • 新規採用職員は、本庁または県税事務所・健康福祉センター・土木事務所などの出先機関に配属されます。
  • 職種ごとの主な配属先は、こちら から。
異動
  • 一般的に入庁後10年くらいは、幅広い職場を経験できるように、本庁と出先機関を原則3年程度で異動します。その後、職員一人ひとりが業務に対する習熟度を高め、プロ意識をもって業務に当たれるように、原則4〜5年程度のサイクルで異動します。
昇任
  • [一般的な職制]
    主事-主査-企画主査-主任-課長補佐-参事-課長-企画幹-部長
    32歳で主査、35〜37歳で企画主査に昇任するのが一般的です。

▲ページトップへ

職員表彰制度

福井県では、職員の意欲を引き出すため、次のような職員表彰制度を設けています。

グッドジョブ賞・部局長賞

職員一人ひとりの業務功績を対象とした表彰

【受賞例】

  • 民間とのコラボによりふくいブランドを発信
    民間企業と連携し、越前そばや福井梅などの県産品詰め合わせ宅急便、恐竜をモチーフとした食品玩具等の開発、販売を行い、ふくいブランドを全国へ発信した。
  • コシヒカリを超える品種を新たに開発
    コシヒカリに続く新品種として、炊飯米の外観が良く弾力があり、粘りが強い新たなタイプの米を開発した。(越南291号)
グッドウィル賞
  • 職務外の社会的な善行を行った職員を対象とした表彰

▲ページトップへ

研修制度

階層別研修
  • 一定の年齢や職制上の各階層に共通して求められる知識・技能を身につけるための研修です。同期生が一堂に会し、親睦を深めるチャンスにもなっています。採用後、初めて受ける新規採用職員研修もその一つ。公務員としての自覚と業務の基礎知識を身につけ、社会人としてのスキルを習得するため、採用年の4月から10月にかけ延べ11日行います。
パワーアップ研修
  • 職務を遂行する上で必要となる、専門的な知識・技能を身につけるための研修です。市や町の職員と合同の研修で、市町職員との交流も深まります。
派遣研修

国等の研修機関等に派遣され、高度な専門的知識および技術等の習得を図る研修です。

派遣先(例)

  • 省庁等派遣研修
    内閣府、総務省、経済産業省、自治大学校 等
  • 民間企業派遣研修
    三菱商事株式会社、日本航空株式会社、(一財)日本総合研究所 等
自己啓発支援
  • 職員が資質向上や能力開発のため自主的に取り組む通信教育講座の受講や放送大学の履修、職務に役立つ資格取得や優れた語学力(外国語)を身につけるために要した経費の一部を支援します。

▲ページトップへ

福利厚生

健康管理
  • 健康増進と疾病予防のため、職員を対象に各種の健康診断を実施しています。また、職員やその被扶養者が医療機関等で診療を受ける場合には、法に定める共済組合の健康保険が適用されます。
厚生事業
  • 県内各地には、職員住宅(独身寮・家族寮)が整備されています。余暇の活動として、文化系・体育系のサークルがあります。