「福井のものづくり支援」 プロジェクト

「福井のものづくり支援」 プロジェクト「福井のものづくり支援」 プロジェクト

  福井国体を機に、健康づくりを県民総参加の県民運動に盛り上げるため、平成27年度から市町がそれぞれ特色ある健康づくりを行う「一市町一健康づくり」を進めており、現在では、市町ごとにユニークな食や運動の取組みが始まっています。 また、全ての市町のウオーキングイベントをリレー方式でつなぐ「17のまちを結ぶ徒歩大会」を開催し、平成28年度から2年間で1万人の参加を目指しています。

県民の食生活をより健康的なものにするため、外食や弁当・惣菜にヘルシー基準を作り、「ふくい健幸美食」として認証する事業を進めてきましたが、今回、農林水産省にその取組みが高く評価され、平成28年度版食育白書で紹介されました。

地域産業・技術振興課

健康長寿の福井。赤ちゃんの予防接種やインフルエンザ等の感染症の予防、難病の方への適切な医療の提供、生活習慣病を早期発見するための特定健診やがん検診の受診のススメなど、様々な病気の予防対策を行っています。さらに、病気に負けない体づくりをめざし、県民一人ひとりの健康づくりを応援しています。