自然、歴史、文化、産業、福井の魅力をつめこんだ、ふるさとの景観をご紹介します 福井ふるさと百景

福井ふるさと百景


平家平の豊かな自然を活かした景観づくり

大野市巣原(平家平)

Photo草刈りの作業体験

Photo認定式の様子

団体名称

平家平を愛する会

代表者氏名

嶋田康博 

構成人数

約40名

地域の概要・団体の活動内容

「平家平」は大野市の南部、姥ヶ岳(うばがたけ)北西の山腹にある緩斜面で、ブナ林を中心に植生が広がっています。昔、平家の落人がこの地に移り住んでいたと言われることから、「平家平」の名で呼ばれるようになったと伝えられ、近くには平家窟(へいけくつ)と呼ばれる洞窟もあります。
 当団体は、平家平において、貴重な自然と関わり楽しみながら保全していくため、平成17年に結成されました。これまで、自然観察会やブナの森コンサートを開催するほか、観察道の草刈りやブナの植栽活動を行っています。こういった自然観察や作業体験等を通じて、一般県民に平家平の自然を広く紹介しています。

活動団体の一覧に戻る

展示パネルの貸与

ふるさとの景観を語ろう!

活動団体紹介

わたしのふるさと百景

ふるさと百景動画

ふくいの伝統的民家

キーワード検索


WWW を検索
サイト内を検索

〒910-8580
福井県福井市大手3丁目17-1
福井県観光営業部 文化振興課
電話:0776-20-0572 Fax:0776-20-0661

このページのTOPへ