自然、歴史・文化、産業・・・、福井の魅力をつめこんだ、ふるさとの景観をご紹介します 福井ふるさと百景

福井ふるさと百景


Photo

【百景番号9】(坂井市)

田園の中のオアシス 春江ゆりの里

ゆりの里公園では6月にゆりフェスタが開催され、3,800㎡の展示圃場に20種類、3万本のゆりとゆり科の植物が一面を埋め尽くし、6月下旬には色とりどりのゆりが微笑みかけます。

Photo

【百景番号11】(坂井市)

桜吹雪舞う悠久の山里 竹田

しだれ桜が咲く美しい竹田の里では、毎年4月にしだれ桜まつりが開かれ、6万人を超える観光客で賑わい、訪れた人をしだれ桜の世界に引き込みます。

Photo

【百景番号29】(坂井市、福井市)

らっきょうの花咲く 三里浜

三里浜の砂丘地では、らっきょうの生産が盛んで、10月下旬から11月中旬になると、鮮やかな赤紫色のらっきょうの花が一面に咲き誇り、この地の風物詩となっており、秋の砂丘地に彩を添えます。

Photo

【百景番号31】(福井市)

秋風に揺れる1億の花 コスモス広苑

宮ノ下地区のコスモス広苑は、約17.5ha(東京ドーム10個分)の広さがあり、約1億本のコスモスが咲きほこっています。そよ風に踊るコスモスの中をゆっくり歩くと、心も穏やかになり、とてもリラックスできます。

Photo

【百景番号47】(鯖江市)

つつじの絨毯 西山公園

鯖江市民憩いの場、西山公園は、約5万株のつつじが咲き乱れる日本海側随一のつつじの名勝で、「日本の歴史公園100選」にも選ばれています。春のさくら、初夏のつつじ、秋のもみじ、冬の雪つりなど四季折々の景観が楽しめ、「つつじまつり」や「もみじまつり」には多くの人で賑わいます。

Photo

【百景番号58】(越前町、福井市、南越前町)

馥郁(ふくいく)たる香り 越前水仙

冬の越前海岸を美しく彩るものとして、12月中旬から2月上旬にかけて開花する越前水仙の群生は代表的な景観です。このあたりは、房総半島、淡路島に並ぶ日本水仙の三大群生地の一つで、海岸段丘を利用した山麓畑に栽培されています。

Photo

【百景番号65】(南越前町)

生産量日本一 南条花ハスの里

南越前町南条地区は日本を代表する花ハスの生産地で、生産量は日本一を誇っています。毎年7月中旬から8月中旬にかけて、南条地区のあちらこちらで花ハスの色鮮やかな花びらが開きます。見るものの心に不思議な安らぎを与えるその優美な姿は、背景の山々とあいまって、優しい光景を創り出します。

アーカイブス

ふるさとの景観を語ろう!

活動団体紹介

ふくいの伝統的民家

わたしのふるさと百景

ふるさと百景動画

展示パネルの貸与

facebook

キーワード検索


WWW を検索
サイト内を検索

〒910-8580
福井県福井市大手3丁目17-1
福井県観光営業部 文化振興課
電話:0776-20-0572 Fax:0776-20-0661

このページのTOPへ