自然、歴史・文化、産業・・・、福井の魅力をつめこんだ、ふるさとの景観をご紹介します 福井ふるさと百景

福井ふるさと百景


勝山市の景観アーカイブス

Photo

【百景番号12】(勝山市、永平寺町)

命育む母なる大河 九頭竜川

勝山市にある法恩寺山(標高1,357m)からは、雄大に流れる九頭竜川と勝山の市街地を一望できます。晴れた日には、福井平野まで見渡すことができ、ダイナミックな眺望を楽しめます。

Photo

【百景番号15】(勝山市、永平寺町、越前町、高浜町)

仰ぎ見る白い頂 霊峰白山

勝山盆地を雄大に流れる九頭竜川、その背後には、たおやかな加越の山並み(越前甲(かぶと)、経ヶ岳、法恩寺山など)が連なり、さらに背後に白山連峰が見えるパノラマ状の眺望は、勝山でしか見ることができない景観です。

Photo

【百景番号16】

恐竜が眠る大地 ジオパーク 勝山

福井県立恐竜博物館は、勝山市の東部に位置し、美しい田園・自然景観に引き立つシンボル的景観を形成しています。村岡山(むろこやま)山頂からは恐竜博物館とその周辺の「かつやま恐竜の森」を眺めることができます。

Photo

【百景番号17】

春を待つ北谷の山里集落

石川県境に程近い勝山市北谷町は、滝波川がつくりだした段丘上に集落が点在する静かな山里集落です。北谷7集落の1つ、木根橋では、白壁や土壁の建物が建ち並び、生活の必需品である薪があちこちに積まれており、昔ながらの山里集落景観を見ることができます。

Photo

【百景番号18】

「蝶よ花よ」と囃子が響く 城下町勝山の町並み

城下町時代の中心街であった本町通り周辺では、古くから五穀豊穣と鎮火を祈願する神事として、勝山左義長(さぎちょう)まつりが行われます(2月最終土日開催)。藩政時代からおよそ300年の歴史をもつ勝山の一大行事で、太鼓や三味線での賑やかな左義長囃子とカラフルな色彩の短冊が祭りを彩っています。

Photo

【百景番号19】

中世宗教都市の歴史を物語る 白山平泉寺

白山平泉寺は、かつての境内が約200haに及ぶ全国屈指の広さをもつ国の史跡です。平泉寺は養老元年(717年)泰澄大師によって開かれたと伝えられ、白山信仰の越前側の拠点として、最盛期には48社36堂6千坊、僧兵8千人の巨大な宗教都市を形成していました。

Photo

【百景番号20】(勝山市、大野市)

懐かしい機織りの音が聞こえる 奥越のまち

かつて、勝山の大きな機業場では、全国各地から数多くの集団就職者を受け入れ、最盛期には1千数百名が就業していたほど、繊維産業が栄えていました。勝山の市街地には、繊維工場の工場棟が建ち並び、当時の隆盛を偲ぶ風景をみることができます。

Photo

【百景番号21】(勝山市、大野市)

大地鳴動の記憶 奥越の巨大岩塊

大野市の阪谷地区には、田んぼの真ん中や河川のほとりなどに巨大な岩塊をみることができます。この岩塊は、地元では「伏石(ぶくいし)」とよばれており、数万年前に地震や地殻変動などの影響で経ヶ岳(標高1,625m)が山体崩壊し、そのときの土砂が流れ下り集まってできたと考えられています。

アーカイブス

ふるさとの景観を語ろう!

活動団体紹介

ふくいの伝統的民家

わたしのふるさと百景

ふるさと百景動画

展示パネルの貸与

facebook

キーワード検索


WWW を検索
サイト内を検索

〒910-8580
福井県福井市大手3丁目17-1
福井県観光営業部 文化振興課
電話:0776-20-0572 Fax:0776-20-0661

このページのTOPへ