.

福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議員の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
 県議会ライブ中継  県議会同時文字表示  県議会録画中継
 県議会質問・答弁内容

最終更新日 平成30年3月1日

■ 県議会 質問・答弁内容
本会議のうち代表質問、一般質問の質問・答弁ごとの音声データをお聞きいただけます。
お聞きいただける期間は、次の定例会までです。
この音声データは、福井県議会の公式記録ではありません。

第400回(平成30年2月)定例会 質問・答弁内容

ご覧になりたい内容をクリックすると、音声データをお聞きいただけます。

3月1日(木) 一般質問
質問要旨・内容      答弁内容  

希望ふくい
井ノ部航太
議員




























希望ふくい
井ノ部航太
議員


          
一 災害時のリーダーシップとマネジメントについて     
1 県政のトップとして、今回の災害対応に当たり、最大の目標をどこに置いたのか、その結果に対する評価・反省について、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 今回の雪害に当たり、「緊急警報放送要請に関する覚書」に従って放送局に放送要請をかけたのか伺うとともに、その判断の理由について、知事の所見を伺う。 音声データへ  知事  音声データへ 
3 企業に対する休業要請を出した背景と、それによる効果について所見を伺うとともに、県に寄せられている意見があれば伺う。  音声データへ  産業労働部長 音声データへ 
4 自治会や消防団、自主防災組織など住民自治組織が十分に機能したとはいえないという指摘についての所見を伺うとともに、今回の災害対策に当たってどのように住民自治組織が位置づけられていたのか、伺う。 音声データへ  安全環境部長 音声データへ 
5 今回得られた知見を国土強靭化地域計画、社会貢献活動推進計画に反映し、その内容を30年度予算にも盛り込んでいくべきと考えるが、所見を伺う。 音声データへ  総合政策部長 音声データへ
二 県の広報機能強化について      
1 福井県の持つブランド構成要素を整理し、ブランド戦略を立案する役割をブランド営業課が担っていくべきと考えるが、所見を伺う。 音声データへ 山田副知事 音声データへ
2 第二恐竜博物館の調査について、他県の類似施設の分析や、ターゲット分析、商圏分析などマーケティングの視点が含まれたものになっているのか、委託、検討内容について伺う。 音声データへ 観光営業部長 音声データへ
3 ミレニアル世代をマーケティング上、どのように捉えているのか。この世代にターゲットを絞った経緯と人口減少対策における意義について、所見を伺う。 音声データへ 総合政策部長 音声データへ
4 素晴らしい福井県の「商品」を生かすためにも、県独自のブランドイメージ調査を速やかに実施すべきと考えるが、所見を伺う。 音声データへ 山田副知事 音声データへ
5 ブランド戦略に基づく広報について、中長期的な目標を明確化するために計画を策定すべきと考えるが、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
三 環境変化に対応した水産業の未来について
1 気候変動による日本周辺の水温変化がどのような影響を本県水産業にもたらすと考えているのか。そして、越前がに、若狭ぐじ、若狭がれいの資源量の見通しと今後の対策について伺う。 音声データへ  農林水産部長 音声データへ 
2 陸上養殖の取り組み状況を伺うとともに、課題克服のためには何が必要と考えているか、所見を伺う。 音声データへ 農林水産部長 音声データへ 
3 水産物の海外展開の現況と今後の展望について、所見を伺う。 音声データへ  農林水産部長 音声データへ 

県会自民党
田中宏典
議員























県会自民党
田中宏典
議員  
一 人口減少対策・地方創生について
1 東京一極集中と地方創生の現状についてどのように捉えているのか、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 人口減少が本格化する中で、どのように歳入を確保し、健全財政を堅持していくつもりなのか、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
3 当初予算と第四次行財政改革実行プランに基づく財政収支見通しとの整合性について伺うとともに、公共施設やインフラ施設の維持管理に必要な予算を十分に確保できているのか、知事の認識を伺う。 音声データへ 総務部長 音声データへ
4 今後の都市計画の基本的方向性についてどのように考えているのか伺うとともに、県内の各都市部における土地利用の課題について伺う。 音声データへ 土木部長 音声データへ
5 県内市町の立地適正化計画の策定が進まない状況をどのように認識しているのか、また、今後の速やかな策定に向けて、どのように取り組んでいくのか、所見を伺う。 音声データへ 土木部長 音声データへ
6 近年の空き家の利活用の実績と課題について伺うとともに、コンパクトなまちづくりを進めていく上で、どのような対策を講じていくのか、所見を伺う。 音声データへ  土木部長  音声データへ 
二 公教育のあり方について
1 生涯学習と学校教育の関係性や必要性についてどのような認識を持っているのか、所見を伺う。 音声データへ 教育長 音声データへ
2 公教育のあり方の検討に当たっては、子どもたちの「育ち」や「学び」という視点も重要であると考えるが、所見を伺う。 音声データへ 教育長 音声データへ
三 エネルギー政策について
1 代表質問の答弁にあった「安全炉への転換」とは具体的にどのようなことを指しているのか、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 原子力発電所の新増設、リプレースについてどのように考えているのか、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
3 エネルギー情勢懇談会においてどのような議論がなされているのか。また、この議論に対する知事の所見を伺う。 音声データへ  知事  音声データへ 

無所属
中井玲子
議員



























無所属
中井玲子
議員
一 若者の活躍応援について
1 若者のUIターンの拡大のため、今後、どのような大胆な方策を講じていくのか、知事の所見を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 県外若者へのふくい体験プログラム提供事業において、どのような体験プログラムに、どの程度の県外学生が参加することを想定しているのか、伺う。 音声データへ 総合政策部長 音声データへ
3 これまでにどのような起業支援を行ってきたのか伺うとともに、特に、起業に対して意欲を持っている学生に対して、今後、どのように支援を行っていくのか、知事に伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
(再質問)若者の起業支援やふくい体験プログラムについて、ホームページによる広報だけでは不十分である。広く広報するためにどのような手法を考えているのか、伺う。 音声データへ  総合政策部長  音声データへ 
二 地域おこし協力隊について
1 どれだけの人が地域おこし協力隊として県内で活動し、その後、県内に定着したのか、性別、年代も含めて伺う。また、どのような活動を行い、地域にどのような影響を与えているのか、伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 地域おこし協力隊の募集や受け入れ体制の整備に関し、これまでの取り組みと今後の取り組み強化の方針について伺う。 音声データへ 総合政策部長 音声データへ
3 地域おこし協力隊の活動期間終了後の県内定着に当たり、どのような課題をどう解決するために定着支援事業を創設したのか、その趣旨を知事に伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
4 若者チャレンジクラブの活動について、地域おこし協力隊との連携の現状を伺うとともに、新たな展開や発展が必要ではないかと考えるが、所見を伺う。  音声データへ 総合政策部長 音声データへ
三 女性が被害者となる犯罪について
1 女性が被害者となる犯罪について、近年の県内での発生状況や特徴を伺う。 音声データへ 警察本部長 音声データへ
2 犯罪から女性を守る対策として、具体的に推進していることは何か、その成果とあわせて伺う。 音声データへ 警察本部長 音声データへ
3 性犯罪の被害者となった女性に対し、被害直後のケアから数カ月・数年単位での相談対応まで、被害者の立場に立ったきめ細やかな対応をすべきと考えるが、現状も含め、所見を伺う。 音声データへ  警察本部長 音声データへ 
民進・みらい
山本正雄
議員

































民進・みらい
山本正雄
議員
      
一 大雪対策について
1 金沢河川国道事務所長による国道8号渋滞の原因、結果、今後の対策に関する発言について、知事の率直な感想を伺うとともに、除雪、監視体制の強化、情報の共有化など、国土交通省への要望結果とその実現可能性について伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
2 鳥取県では多くのライブカメラを道路に設置し、「とっとり雪道ナビ」を立ち上げており、福井県も国と連携して「ふくい雪道ナビ」を立ち上げれば、運転者自らが判断して迂回できると思うが、知事の所見を伺う。  音声データへ  知事  音声データへ 
3 北陸自動車道と国道8号との関わりについて、物流、燃料確保のためにも迂回路指示が必要だったと思うが、知事の見解を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
4 嶺北全体の除雪体制で国・県・市町でどれくらいの除雪車、オペレーター、トラックが必要でどれくらい不足したのか、伺う。また、生活道路の除雪の遅れ解消のため、県や国が市町のバックアップをどれくらいできたのか、今後のあるべき対応も含めて伺う。 音声データへ 土木部長 音声データへ
5 坂井市丸岡町上竹田における一酸化炭素中毒死に関し、県警本部と土木部に、事実確認と反省点、今後の連絡体制づくりについて、見解を伺う。   音声データへ  土木部長 音声データへ
警察本部長 音声データへ
(再質問)除雪車、オペレーター、トラックがどれくらい必要か、不足かについての答弁がないので、再度伺う。
また、丸岡町上竹田の件について、責任ある答弁になっていないので、きちんと答弁願う。 
音声データへ  土木部長 音声データへ
二 幕末明治福井150年事業と大河ドラマについて
1 県立歴史博物館での展示内容を伺うとともに、春嶽を中心とした展示や講演会の実施など、私の提案に対する見解を伺う。 音声データへ 観光営業部長 音声データへ
2 これまでの由利公正を主人公とした大河ドラマ化についての取り組み経過を伺うとともに、小説「天翔ける」に方向転換してはどうか、知事の見解を伺う。  音声データへ  知事 音声データへ 
三 地方創生と人口減対策について
1 地元大学進学先の拡大について根本的な見直しを求めるが、現状認識と今後の対応策、見通しについて、知事に伺う。また、県立大学における新学部増設、女子が希望する学部の検討をすべきと思うが、知事の見解を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ
四 教育行政 −特別支援教育について
1 義務制の特別支援学級への採用や配置を重視して専門性の高い教育を願うが、見解を伺う。  音声データへ  教育長  音声データへ 
2 特別支援学級の担任が子どもの状態に応じた教育をしようとすると指導上も肉体的にも大変であるため、小学校低学年支援員のような特別支援学級支援員を設置するなど充実を図ってほしいが、現状認識と今後の改善策の見通しについて伺う。  音声データへ  教育長  音声データへ 
3 通級指導担当教員等が不足していることについて、現状認識を伺うとともに、今後どのように増員措置をしていこうとしているのか、見通しを伺う。また、採用試験において特別支援で合格した人も通級指導員として採用できるようにするなど専門性を生かしてほしいとの要望が強いが、教育長の見解と見通しを伺う。 音声データへ  教育長  音声データへ
4 インクルーシブ教育の精神は素晴らしいが、担任1人では対応できないケースもあるため、人員配置と教育環境の整備が必要だが、来年度の特別支援教育の重点方針と人員配置を含めた教育環境整備について伺う。  音声データへ  教育長  音声データへ 
五 その他   
1 日本穀物検定協会が発表した2017年産米の食味ランキングで「いちほまれ」が「特A」を獲得したことは本当に嬉しく思っている。それについての感想とこれからの決意を伺う。 音声データへ 知事 音声データへ 

日本共産党
福井県議会
議員団
佐藤正雄
議員































日本共産党
福井県議会
議員団
佐藤正雄
議員
一 豪雪被害への対応について −引き続き県民の暮らし、営業、営農を守るために全力を−   
1 北陸自動車道については、先頭に除雪車を3台並走させる梯団除雪を行い、スピードをコントロールし、事故を発生させない体制で冬季の交通の確保を強く求めるべきではないか、所見をお尋ねする。 音声データへ 知事 音声データへ
2 国と県は、国道8号が混乱、大渋滞となった今回の事態をどのように反省し、改善策を強めるのか、所見をお尋ねする。 音声データへ
3 地域の建設業者を社会資本そのものと位置づけ、入札制度を地域力を高めるものに改善すべきではないか、知事の見解をお尋ねする。 音声データへ  土木部長  音声データへ 
4 建設業が福井国体の開会式や入場行進に参加できる企画を組んで、災害時のライフラインの確保や建設事業への従事者に県民が敬意を表す場面をつくり、県内同業界に対する若者の就労促進をPRする場面ともしてほしいが、知事の見解をお尋ねする。  音声データへ  国体推進局長  音声データへ 
5 北陸本線がJR路線である間に、除雪機材や除雪車両の充実などのハード面、さらに積雪で簡単に運行を取りやめるような社内の気風やマニュアルなどの改善をJR西日本に対して求めるべきではないか、知事の見解をお尋ねする。  音声データへ  知事 音声データへ 
6 新幹線敦賀開業後に、災害により敦賀までの第3セクター鉄道の運行が不可能となった場合、定期券利用者が、新幹線料金を払わずとも新幹線利用が可能となる災害援助協定のような仕組みをJR西日本との間に設けるべきではないか、所見をお尋ねする。  音声データへ  総合政策部長  音声データへ 
7 今回の豪雪について、今後の被災支援の活動状況も踏まえた記録集を刊行し、今後の対策に生かすべきではないか、見解をお尋ねする。  音声データへ  知事 音声データへ 
(再質問) JR西日本と第3セクター鉄道との災害援助協定について、単に前例がないということではなく、万が一の事態に備えてそのような発想ができないのか、改めてお尋ねする。 音声データへ  総合政策部長 音声データへ 
二 原子力行政について
1 大飯原発再稼働前の住民参加の避難訓練の実施を求めてきたが、山積する課題に対してどのように県民理解を進め、具体的な住民参加の避難訓練を内閣府や関係府県とともに行うつもりなのか、所見をお尋ねする。 音声データへ 安全環境部長 音声データへ
2 今回、あるいは56豪雪を想定した避難計画を策定し、シミュレーションを行い、まず課題を洗い出すべきではないか、見解をお尋ねする。 音声データへ 安全環境部長 音声データへ
三 福祉行政について
1 高齢者世帯や母子家庭、障がい者世帯などが行った屋根雪下ろしなどに広く災害救助法を適用し、公費で支援すべきではないか、あわせて、自力で屋根雪下ろしができずに業者を通じて行った世帯数についてもお尋ねする。 音声データへ 健康福祉部長 音声データへ 
2 生活保護世帯に屋根雪下ろし12万円、除雪3万円を支援する制度について、豪雪被害の嶺北地域における周知および利活用状況をお尋ねする。 音声データへ 健康福祉部長 音声データへ 
(再質問)自ら業者に依頼して雪下ろしを行った高齢者世帯はほとんどないとの答弁だったが、福井市だけでも400件ぐらいあると聞いている。市町の実態を正確に把握しているのか、お尋ねする。  音声データへ  健康福祉部長  音声データへ 
(再質問)56豪雪の時と比べて、高齢化率はかなり増加しており、嶺北地域だけでも高齢者世帯は約5万3千世帯もある現状を踏まえれば、災害救助法による雪下ろしの救助が約300件というのは桁違いに少ない。本当に広く周知・広報を行ったのか、また的確にニーズを把握しているのか、お尋ねする。 音声データへ  健康福祉部長 音声データへ 
(再質問)災害救助法を適用すれば、経費がすべて国と県の負担となり、市町や当事者の負担はゼロとなる。市町に対して、住民の安全を守るために積極的に活用してほしいとの周知徹底が不十分だったと思うが、所見をお尋ねする。 音声データへ 健康福祉部長 音声データへ 

問い合わせ先
福井県議会事務局議事調査課
電話 0776-20-0609

▲ページの先頭へ