福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成29年2月定例会  人口減少対策特別委員会

○実施日

 平成29年3月6日(月)

○委員会の概要

自然減対策
  「婚姻件数が目標未達成の見込みとなった要因をどのように分析しているのか」との質問に対し、「地域の縁結びさんを2年間で倍増するなどしたが、成婚の成果を出すには時間が必要である」との見解が示された。
  また、「縁結び交流室の開設は婚活推進のためによいことである。嶺南にも設置できないか」との質問に対し、「地区別情報交換会の実施など、嶺南地区においても縁結びさんが集まる場を引き続き提供していく」との対応が示された。

社会減対策
  「大学が来ると企業も来るなど波及効果が高い。大学の一つの学部を誘致するといった教育機関の誘致を柱に据えて取り組んでもらいたい」との意見に対し、「高速交通開通アクション・プログラムを見直す際に位置づけを検討したい」との見解が示された。
  また、「奨学金返還支援事業の内容を充実させてもらいたい」との意見に対し、「初年度は新卒に限ってスタートしたが、来年度は対象を30歳までの既卒に広げ、枠も30人から40人に拡大する」との対応が示された。

集落支援
  「郊外では過疎に拍車がかかり、コミュニティが形成されにくくなることについてはどうか」との質問に対し、「単一では集落を維持しにくいところでは、複数集落での共同作業や交流活動を行う拠点となる「福井ふるさと茶屋」を整備するなど集落が元気になるよう支援している」との対応が示された。
  このほか、「合同企業説明会の成果」「不妊治療に対する支援」「外国人技能実習生との婚活」等について質問や意見が述べられ、見解と対応が示された。



ふるさと茶屋(小浜市)