福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成28年12月定例会  産業常任委員会

○実施日

 平成28年12月8日(木)

○委員会の概要

産業労働部及び労働委員会関係
 長時間労働や過労死の防止について論及があり、「労働者が気軽に相談できる場所や人の配置をどのように拡充していくのか」との質問に対し、「企業が集まる就職合同説明会等を活用し、各企業に対して職場環境の改善について説明していく。また、メンタルケア・スペシャリストの養成や配置への支援を含めて、働きやすい職場環境づくりの向上に努めていく」との対応が示された。
 このほか、「海外における県産品の販路拡大」等の質問があり、対応等が示された。

観光営業部関係
 コンベンションの誘致促進について論及があり、「コンベンションを分散して開催するなどの工夫や、助成金の増額を含めた対応を検討するべきではないか」との質問に対し、「コンベンション誘致の効果には、観光の面だけではなく、知の集積や文化の向上といった面もあるため、どのような対応が適しているのかを検討していく」との見解が示された。これに対し、委員からは「北陸新幹線敦賀延伸にタイミングを合わせて、積極的な誘致に取り組んでほしい」との要望が述べられた。
 このほか、「六呂師高原スキー体験施設のPR状況」「大河ドラマの誘致」等の質問があり、対応等が示された。

農林水産部関係
 「ポストこしひかり」のブランド化戦略について論及があり、「九頭竜川下流域パイプラインのきれいで冷たい水を使って、本当においしい究極の「ポストこしひかり」をつくっていくといった戦略も検討してほしい」との要望に対し、「生産者や地域、つくり方に特化した米をつくるという戦略も検討していく」との見解が示された。
 このほか、「農林水産物の輸出拡大」等の質問があり、対応等が示された。

 
ポストこしひかり品種決定