福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成28年9月定例会  総務教育常任委員会

○実施日

 平成28年9月26日(月)

○委員会の概要

総務部、国体推進局及び選挙管理委員会関係
 福井しあわせ元気国体・大会の開催費用について論及があり、「県民は、趣向を凝らして華やかに、盛大に盛り上げてほしいと期待しているが、その財源は確保できているのか」との質問に対し、「先催県の例では、運営費として国体に約45億円、大会で十五、六億円となっているが、直近の例ではこれを上回っている。財源としては、スポーツ基金を活用しており、また、企業や個人から募金・協賛を募っている」との対応が示された。
 このほか、「核燃料税にかかる総務省との協議状況」等について対応等が示された。

総合政策部、会計局、監査委員及び人事委員会関係
 北陸新幹線敦賀以西ルートについて論及があり、決定の時期についての質問に対し、「年内に決まるよう働きかけていきたい」との対応が示された。さらに、「京都・新大阪間については北回りのルートを主張していくのか」との質問に対し、「議論のメインは北回りであると認識している。県が望むルートが実現するよう努力する」との見解と対応が示された。
 このほか、「在来線特急の存続」について対応等が示された。

教育委員会関係
 県立高校再編について論及があり、今後の方針と検討状況についての質問に対し、「今年度から来年度には、二州および丹南地区の再編について検討会を設ける予定である」との対応が示された。さらに「今後も慎重に議論を進めてほしい」との要望が述べられたのに対し、「地元関係者の意見も聞きながら、地域の人材をいかに育てていくのかという観点も含めて検討する。期限ありきではなく、方針を考えていく」との対応が示された。
  このほか、「中学・高校の部活動のあり方」等について対応等が示された。   

    

国体カウントダウンボード設置