福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成28年9月定例会  産業常任委員会

○実施日

 平成28年9月26日(月)、10月6日(木)

○委員会の概要

産業労働部及び労働委員会関係
 県民衛星プロジェクトについて、「このスケジュールで平成31年度の打ち上げに間に合うのか」との質問に対し、「今年度は東京大学での技術研修を受けて設計に入る。平成30年度までに衛星の組み立てを行い、打ち上げを目指す」との見解が示された。これに対し、委員からは「県民は成長産業の育成に結びつけてほしいと願っている。県民理解を強く意識して多くの情報を発信しながら進めてほしい」との要望が述べられた。
 このほか「伝統産業に対する支援」等についての質問があり、対応等が示された。

観光営業部関係
 付託議案である「指定管理者の指定について」は、「六呂師高原スキー体験施設の事業内容が当初予算の計画から変更になっており、改めて全議員で全体計画を確認する必要がある」との意見があったため、後日開催された予算決算特別委員会での討議案に関する質疑も踏まえ、再度委員会を開催し、議案の採決を行い、原案のとおり可決した。なお、予算決算特別委員会での議論を踏まえて、「管理者に過度な負担を強いることのないように考慮すること。また、全体計画を議会に示すこと」等の附帯決議を付すことに決定した。
 このほか「大河ドラマの誘致活動」等について質問があり、対応等が示された。

農林水産部関係
 米の輸出拡大について、「販売ルートをどう考えているのか」との質問に対し、「香港、シンガポールを中心に、株式会社クボタを通じて販売するルートを考えている。同社は現地に法人を持っており、そこから料理店等へ売り込むことで米の輸出をふやす」との見解が示された。
 このほか「オーベルジュの整備」等の質問があり、対応等が示された。

 
六呂師高原