福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


28年2月定例会 厚生常任委員会

○実施日

 平成28年3月1日(火)〜2日(水)

○委員会の概要

安全環境部関係  
  まず、高浜発電所4号機の緊急停止等について、「県民、国民の原子力への信頼を損ねた」と指摘があった上で、「県の所見や今後の指導・監視」について質問等があり、「事業者には早期の原因究明及び再発防止とその説明、原子力規制委員会には厳格な対応が求められる。県も強い覚悟で事業者、国に対処する」との対応が示された。
 また、廃棄物処理計画案について、「県内の産業廃棄物処理における県産業廃棄物処理公社による補完体制」等について要望があった。
 次に、交通安全計画案について、高齢者の運転免許返納の促進に関し、「車が交通手段となる中山間地域における対策」について質問があり、「タクシーやバスの割引等や買い物の配達等の支援を拡充していく」との対応が示された。
 このほか、「エネルギー多角化の推進」「地域防災リーダー育成」等の質問があり、対応等が示された。

健康福祉部関係
 まず、県立病院経営改革プラン案について、陽子線がん治療センターの利用者確保に向けて、「特色をどう打ち出すのか」との質問に対し、「国内唯一の技術や、ほかの治療法で対応困難な症例の治療実績もある」との見解が示された。さらに、「患者や医師へのPR強化」の要望に対し、「北陸唯一の施設として、治療効果等を示しながらPRしていく」との対応が示された。 また、「地域医療機関との連携のあり方」について提案があった。
 次に、保育士の処遇改善について、「厳しい勤務環境や保幼小連携を進める中における、さらなる処遇改善や地位向上」の要望があった。
 このほか、「公的医療保険の財政見通し」「地域医療構想の目的や方針」「生活困窮者の就労支援」等の質問があり、対応等が示された。
 
 陽子線がん治療センター(CT自動位置決め装置)の写真

陽子線がん治療センター(CT自動位置決め装置)