福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


■平成27年12月定例会 土木警察常任委員会

○実施日

 平成27年12月9日(水)

○委員会の概要

公安委員会関係  
 マイナンバー制度に便乗した特殊詐欺について、「本人に成りすまして銀行口座を開設するなど、新たな犯罪に結びつく可能性があるが、現状はどうか」との質問に、「不審な電話に関する相談はあったが、今のところ被害は出ていない。今後、関係機関と情報を共有し、対策を講じていく。」との見解が示された。 また、「特殊詐欺は新たな手口が次々と出てくるため、被害を防止するため、県民への積極的な情報の発信を行ってもらいたい」との要望が述べられた。
  このほか、「ドライブレコーダーを活用した安全運転指導」等の質問があり、対応等が示された。

土木部関係  
 くい打ち工事のデータ流用問題について、「今後の審査体制はどうするのか」との質問に、「元請業者がくいごとに電流計データの写真を撮り確認するとともに、県も写真の提出を求め、チェック体制を強化していく」との対応が示された。  
 また、多世帯同居・近居のための補助事業について、「家族が仲良く助け合うという本県のメリットを活かしたすぐれた施策であるため、人口減少対策の目玉施策として拡充してはどうか」との質問に、「多世帯での同居により、経済的にゆとりが生まれ、また、女性が働きやすい環境が整い、より多くの子供の出産につながるかと思うので、来年度当初の予算要求で、この事業の拡充を要求していく。」との対応が示された。  
 このほか「原子力災害制圧道路の整備」、「福井北インターにおける分かりやすい案内板の設置」等の質問があり、対応等が示された。  
 
警告機能付き電話