福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


■平成27年9月定例会 土木警察常任委員会

○実施日

 平成27年9月24日(木)

○委員会の概要

公安委員会関係  
 防犯カメラの設置について、「地域の高齢化や組織再編等により交番に人員が割けない中で、防犯カメラの設置は犯罪抑止に非常に有効と考えるが、普及させるための方策をとってはどうか」との質問に対し、「防犯カメラの有効性は、県警察でも十分承知している。その一方で、街頭への防犯カメラの設置は通行人のプライバシーや肖像権の侵害に関する裁判の判例もあるため、県内の犯罪情勢と県民のプライバシーの保護の面も勘案し、必要に応じて今後検討したい」と見解が示された。  
 このほか、「外国人の受け入れ対策」等の質問があり、対応等が示された。

土木部関係  
 屋外広告物条例の見直しについて、「今回の条例見直しにより、既存不適格となる広告物のうち、大きさの改善や撤去が必要な広告物は2,500件程度あるとのことだが、資産価値の数十億円分が所有者の損失となり、撤去費用も数億円規模になることから、その損害は大きいと考えるが、支援措置は考えているのか」との質問に対し、「撤去に対して補助制度を設けている他県の事例を参考にしながら、早期に効果があらわれる方策を検討していく」との対応が示された。
 また、地元企業への優先発注について、「新幹線工事が進むにつれ、県の負担金が増え、それ以外の公共事業の予算が厳しくなるため、新幹線関連工事についても、地元発注が進むような仕組みを考えてはどうか」との質問に対し、「新北陸トンネルや新九頭竜橋についても県内企業が受注しており、さらに県内企業の活用が進むよう鉄道・運輸機構に申し入れていく」との対応が示された。
 このほか「県内道路の整備促進」等の質問があり、対応等が示された。  

 屋外広告物条例規制地域(熊川宿)の風景
屋外広告物条例規制地域(熊川宿)