福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


27年6月定例会 予算決算特別委員会

○実施日

 平成27年7月14日(火)、15日(水)

○委員会の概要

地方創生・人口減少問題  
 福井県版総合戦略について論及があり、「総合戦略と福井県民の将来ビジョンの整合性はどうか」とただしたのに対し、「ビジョンの考え方を勘案しながら、今回の戦略に具体的な施策として盛り込んでいくものであり、両者の方向性は整合している」との見解が示された。
 また、「地方創生に県民の力を結集し、問題解決に当たるためには、一大県民運動とすべきではないか」とただしたのに対し、「11月に関係者が一堂に会し、戦略を実行していくための大会を開催し、気運を醸成したい」との対応が示されました。  
 このほか、大学連携センターの目標と実現見通し、ふくい園芸カレッジの活用、若者の心をつかむイメージ戦略について県の対応をただすとともに、提言を行った。

北陸新幹線  
 敦賀以西ルートについて、論及があり、今後立ち上げが予定されている与党の検討委員会において、どのような論拠により若狭ルートを主張するのかただしたのに対し、「日本海国土軸の形成や乗り換えの回避といった優位性を訴えていく」との見解が示された。
 このほか、福井駅先行開業に伴う用地取得の体制の拡充、埋蔵文化財調査について県の対応をただした。

観光行政  
 「石川県では、金沢城公園を中心とした長期的な観光地整備と大河ドラマの誘致により成果を上げているが、本県も、全国に通用する目玉を作って、集客を図るべきではないか」とただしたのに対し、「北陸新幹線や高速道路が開通するまでの間に、ハード整備を含めて具体的なアクションプランを策定し、観光地の整備やまちづくりを行っていきたい」との見解が示された。  
 また、県内の観光資源を結んだ、ストーリー性のある観光ルートの開発についてただしたのに対し、「観光商談会等において、観光素材の提案だけでなく、地域に伝わる秘話や観光素材の隠れた魅力等を提案していく」との対応が示された。  
 このほか、公共サインのデザイン、多言語表示等について、県がガイドラインを策定し、県内で統一感を持たせるべきとの意見が述べられた。

農林水産行政  
 九頭竜川パイプラインの活用策についてただしたのに対し、「メガファームの育成や業務用野菜など園芸作物の生産拡大を目指し、冷たくきれいな水を利用した農作物のブランド化と販売強化に取り組みたい」との見解が示された。  
 このほか、中山間地域の農業振興、山林の地籍調査事業、嶺南地域の養殖振興について、県の対応をただした。

教育行政
 教育に関する大綱の策定について、県と市町の大綱の関係についてただしたのに対し、「教育大綱はそれぞれの自治体の首長の意思で決定されるが、市町の教育長との会議等で意見交換しながら、整合性を図っていきたい」との見解が示された。

その他
 県都デザイン戦略の中期目標事業、介護保険料の抑制、動物愛護行政、屋外広告物条例の見直し、敦賀港鞠山南地区第2岸壁の整備、違法なエアガンの取り締まりなど広範多岐にわたり、論及があり、それぞれ理事者の見解と対応をただした。
 
 
由利公正広場