福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成27年6月定例会  総務教育常任委員会

○実施日

 平成27年7月6日(月)

○委員会の概要

教育委員会関係  
 教員の多忙化に対する取り組みに関し、「具体的にどのように進めていくのか」との質問に対し、「昨年度は20校で会議の効率化等に取り組んだ。今年度は、県内全校で業務改善を実施する」との見解が示された。
 また、「教育に関する大綱」の基本的考え方に関し、「社会力を伸ばすための取り組みについて、農業体験等幅広く実施してほしい」との質問に対し、「今後は自主性を伸ばし、自分達で、工夫・企画できるよう、地域の方等の応援も得ながら進めたい」との見解が示された。  
 このほか「主権者教育の進め方」等の質問があり、対応等が示された。

総務部、国体推進局及び選挙管理委員会関係  
 福井しあわせ元気国体・大会の競技に関し、「女子水球が追加競技から漏れたことについて、県の真意はどうか」との質問に対し、「女子水球については、審判員や競技補助員等の確保が県外開催ということで難しく、また費用の問題もあるため追加競技に同意しなかった」との見解が示された。  
 このほか「県の財政状況」等の質問があり、対応等が示された。

総合政策部、会計局、監査委員及び人事委員会関係  
 北陸新幹線の敦賀以西ルートに関し、「JR西日本は米原ルートに乗り気でない。京都府、大阪府への若狭ルートの働きかけは、JR西日本を巻き込み、戦略を持って臨んでほしい」との質問に対し、「米原ルートは乗換えが必要であることを、県議会や県がそれぞれのパイプを使って伝えていくことが大事だと考えている。与党の検討委員会で若狭ルートに決められるよう進めていきたい」との見解が示された。  
 このほか「地方創生・人口減少対策」等の質問があり、対応等が示された。
  
    

イルミネーションを用いたまちづくりの実践(体験学習)