福井県議会
県議会トップページへ

議長のあいさつ
県議会とは
議会の紹介
議会日程
インターネット中継
会議録検索システム
県議会の活動状況
ご案内
リンク集
ご意見箱
福井県議会基本条例 委員会活動状況 海外調査の概要
議決結果 議案等に対する賛否状況 議員提出の政策条例
請願・陳情の処理経過等 ふくい高校生県議会


平成27年6月定例会  産業常任委員会

○実施日

 平成27年7月6日(月)

○委員会の概要

産業労働部及び労働委員会関係  
 本社機能の誘致についての質問に対し、「県外から福井に進出し生産拠点を有する会社に働きかけている。また、国の税制優遇措置の施行に合わせた計画策定準備や、企業誘致の補助制度の拡充要求をしている。今後は、研究開発など業績に影響されにくい部門の誘致にも努めていきたい」との対応と見解が示された。これに対して、「部門や企業、地域など的を絞った戦略が必要であり、知事、副知事によるトップセールスを、より多く行うべきである」との意見が述べられた。  
 このほか「中小企業の雇用対策」「オープンイノベーション推進機構」等の質問があり、対応等が示された。

観光営業部関係  
 福井県観光新戦略について、「観光消費額の目標が高すぎるのではないか。目標達成にはエリアやターゲットなど精査が必要ではないか」との質問に対し、「エリアの魅力を高め、周遊観光につなげ、入込客数を増やしたうえで、こだわりの土産品や体験の提供により、観光消費額を上げていきたい」との見解が示された。  
 このほか「大河ドラマ誘致」等の質問があり、対応等が示された。

農林水産部関係  
 森林整備に関し、「森林所有者が森林組合に委託して間伐を行う際、うまくいかない事例があるが、県としてどう考えるか」との質問に対し、「森林組合に、間伐から精算までの手順を確認し、時間的余裕をもって進めるよう指導している。今後、研修を開催するなど指導を徹底していく」との対応と見解が示された。これに対して、「山の管理について、相談や権限を持って対応する機関が必要」との要望が述べられた。  
 このほか「水産業の振興」等の質問があり、対応等が示された。

 一乗谷朝倉氏遺跡の写真
一乗谷朝倉氏遺跡(福井県観光新戦略)