ふくい県民活動・ボランティアセンター


災害ボランティアハンドブック(3)
>> 目次       資料1 資料2

3 災害発生時の対応

(1)福井県災害ボランティアセンター連絡会の開催

 県内において、地震、暴風、豪雨、噴火、その他の異常な自然現象または火事、爆発、その他の事故等、県災害対策本部が設置される大規模災害(以下「大規模災害」という。)が発生した際に、県は、被災地における被害の状況および被災者救援、自立支援、復旧支援等のボランティア活動に対するニ−ズに関する情報を迅速に把握し、災害ボランティアセンターの円滑かつ効率的な運営に資するため、福井県災害ボランティアセンタ−連絡会(以下「連絡会」という。)の開催を要請し、連絡会において災害ボランティアセンタの設置場所、資機材の確保、関係部門での役割分担、ボランティアの受入れなどについて協議します。

(2)災害ボランティアセンターの設置

 連絡会の協議結果を受け、連絡会の構成団体が中核となって災害ボランティアセンターを開設します。

 災害ボランティアセンターは、県、市町村および関係機関と情報交換を密にし、ボランティアニーズを収集し、広く県民一般に活動要請を行い、県内外からのボランティアの受入れを行い、また、活動を調整し、避難所、救護所、物資集積所等での円滑かつ効果的なボランティア活動の支援を行います。

 災害ボランティアセンターの設置期間は、原則として、被災者の緊急的ニ−ズが満たされ自立の見通しが立つまでとし、廃止時期等については、ボランティア、行政、関係機関等で協議し決定します。
  県は、「福井県災害ボランティア活動基金設置条例」に基づき、県に災害対策本部を設置するような大規模災害、または、そのような災害が発生する恐れがある場合において、災害ボランティアセンターの活動を支援します。また、県外における大規模災害や県内における大規模災害に至らない相当規模の災害が発生した場合には、必要に応じて各関係機関に問い合わせ、または、インターネットの活用等により情報収集に努め、連絡会の構成団体にボランティアニーズ等の情報提供を行い、連絡会の構成団体の自主活動を支援します。


〜函/
 災害ボランティアセンタ−は、災害の状況等によって異なりますが、広域的に活動を調 整するボランティア本部と被災地において、直接、活動を調整する現地ボランティアセンタ− が想定されます。

・ボランティア本部
 災害全般の状況を把握するとともに、行政や関係機関と連携し、現地ボランティアセンターが円滑かつ効率的に運営されるように総合調整を行います。
・現地ボランティアセンター
 被災地の活動拠点として、被災地における行政や関係機関と連携し、被災地の状況やニ−ズを的確に把握するとともに、ボランティア本部からの指示に基づき、または、ボランティア本部に対して要望を行い、円滑かつ効率的に活動が展開されるように調整します。

業 務
 災害の種類や規模、被災者のニーズにより、必要な業務部門を設け、臨機に対処していきますが、災害発生直後に、すべての機能を備えることは困難であり、緊急性の高いものを優先させ、順次、必要な機能を充実させていきます。
 災害発生直後の業務は、概ね下表のものが想定されます。
部     門 業       務
センター長 総 務 連絡調整 現地センター、関係機関・団体との連絡調整
庶 務 運営資金の調達・管理、活動記録整理
情 報 現地センターとの情報交換
被災地、避難所の状況把握
電話・郵便物対応、マスコミ対応
施設管理 災害ボランティアセンターの維持管理
物 資 管 理 物資要請、受入れ・調整
輸 送 現地センターへの配送、配車、ナビゲータ
人 材 ボランティア受入れ 他県への要請、人員調整、オリエンテーションの実施、コーディネーターの要請、現地センターへの人材派遣
医療等支援 医療・福祉活動の支援

想定されるミーティング
本部会議 本部長・各部門責任者・行政担当者 毎日(随時)
現地センター長会議 各センター長・本部長・各部門責任者・行政担当者 週1回程度
部門別ミーティング 各部門全員  毎日(随時)
全体ミーティング 本部スタッフ全員、行政担当者 週1回程度

施設等
 災害ボランティアセンタ−が円滑かつ効率的に機能するために必要な施設、資材等は、概ね、下表のものが想定されます。
施設等の種別 具体的な設備、機器類等
施  設 簡易浴槽、食事サービス調理設備、スタッフ事務所、仮眠室、コーディネーター詰所、物資置場、無線室、トイレユニット
資 材 通信機器等 FAX、トランシーバ、電池、バッテリー、携帯電話、無線機(ハンドタイプ)、公衆電話
コンピューター機器類 パソコン記憶装置(ハ-ドディスク)、プリンター、デジタルカメラ、テジタルビデオカメラ、スキャナ
映像、受診機器類 テレビ、ラジオ、ビデオ、カメラ
放送設備等 マイク、アンプ、スピ−カ、ハンドマイク
インフラ 電気(発電装置)、水道
    ┌ 一般回線
電話 ┤ FAX専用
    └ インターネット専用
ガス  
一般備品等 自転車、バイク、使捨て食器、延長コード、事務机・イス、会議テ−ブル・イス、ワープロ、白板、コピ−機、書棚、消火器、暖房設備、発電機、投光器、寝具類、大工道具、救急箱、ブル−シ−ト 
その他 ガソリンランタン、非常食、飲料水、筆記用具、コピ−用紙、模造紙、ガムテ−プ類、腕章、名札

災害時におけるボランティアへの対応の流れ

>> 目次       資料1 資料2